人気ブログランキング |
<   2008年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
憎むべきは微炭酸
僕は『微炭酸』という言葉が嫌いです。

『微炭酸』。なんと腑抜けで、腰抜けで、不愉快な言葉だろう。

ここ数年、炭酸飲料のほとんどが微炭酸化されています。
『KIRINメッツ』『ファンタ』に始まり、『マウンテンデュー』『スプライト』に至るまで微炭酸ブームです。
そして大体の炭酸飲料は何のお知らせもなく、女心と秋の空の如く、気がつけば微炭酸となっています。

昨日、FUJIYAのレモンスカッシュを買って冷蔵庫に入れたおいた僕は、先ほど飲んで本当に残念な気持ちになった。

お前もか。そう思った。

実際どうなんだろう、微炭酸の方が売れるんだろうか。と考えた。
炭酸を飲みたい人っていうのはシュワシュワっとはじける刺激が欲しくて買うんじゃないんだろうか。
何故あんなに腑抜けた微炭酸を飲んで満足出来るんだろうか、あれじゃあ「ガッ」くらいのゲップしか
出ないじゃないか。やっぱり『ゴァフーゥ』くらい立派なゲップを出したいじゃないか。
なんかもう「痛い」っていうくらいの炭酸が炭酸飲料の醍醐味なんじゃないんだろうか。と僕は思う。

炭酸が嫌なら飲まなきゃ良いと思う。炭酸キツいの飲めないなんて人はお茶とか水とか飲んでいれば
いいのにどうして僕らの炭酸を微化してまでその人たちの希望を叶えてあげなくてはならないのだろう。

僕らは一体いつの間に少数派になってしまったんだ?
もう僕らにはコーラとオロナミンCと三ツ矢サイダーしか残ってないのか?

僕は最近そう思っている。少数派であるのは社会性だけかと思っていたけれど、炭酸まで。
世の中は僕らを追い込んでいる。
僕とホリースプリングスのボーカルのUtahさんを追い込んでいる。
by hollysplings | 2008-10-28 16:34
帰ってきたむねをカレンダー
仕事の打ち合わせ中に手書きの漢字の文字を使うのはどうだろうという案がでました。
前からお世話になっているミュージシャンのphewさん(phewさんの素敵な雑貨のお店はもうすぐ
オープンです。後日またご紹介します)に紹介していただいた写真家の方のホームページ製作なの
ですが、その場でphewさんの方から僕の「むねをカレンダー」の話が出まして、ネットで見る事になりました。
ちょっと恥ずかしかったのですが、見た所皆さんに少し誉めていただけました。

ここのところ忙しいのもあって、書は書いているのですが、「むねをカレンダー」を書く暇がなく
(あれは結構時間がかかるのです)さぼっていましたが、明日の教室は色々提出物の多い回で
とにかくいっぱい書いてて筆が走っていたのと、誉められたのでついでに書いてみました。
普段書いているようなの(たまには写真をつけときました)と比べると気楽なものです。

そういえば書道やってるんです、という説明がなかったですね。
まぁそういえばってくらいのものです。

c0168503_1627264.jpg

c0168503_16431667.jpg

by hollysplings | 2008-10-27 16:47
ホーリー・"シット"・スプリングス
お世話になっている仕事先の事務所にて諸作業。
一ヶ月に一度ほどそこでお手伝いをさせてもらっているのですが、そこへ行く度にたまに人と
仕事するのって楽しいなと孤独なウェブデザイナーの僕は思う。
そこは音楽や映画にたずさわっている会社なので、CDやレコードがたくさんある。

先日ホリースプリングスの新曲を作っていた時に、「あれ、なんかこれ聴いた事あるな」という
感じで、もしかしたら知らない間に誰かの曲をパクっているのかもしれない、そしたら嫌だなと
思い、色々考えてみた。MTVとかでやっているカウントダウン100みたいな番組をずっと
見てみたり、メンバーや友人にこれ知らない?と歌って聴かせたりした。
それでも結局わからなくて、なんだろうなと思っていたのですが、ふと鼻歌で音楽を検索
出来るサイトがあるという事を思い出して、調べてみた。
だが僕の鼻歌がオンチなせいかなんなのか、該当曲が無く、似ている曲という事で『メタリカ』
と『Rケリー』が表示された。

さて、話は戻って、今日行った会社の事務所で僕は『Rケリー』を見つけた。
僕はなんとなく『Rケリー』をアメリカのR&B女性アーティストかと思っていたのだけど
ジャケを見る限り強面のアメリカの男性ラッパーだった。
そして聴いてみたのだけど、すごいラップで、どう考えてもホリースプリングスの新曲とは
似ても似つかない代物だった。
『ホリー・スプリングス』というよりかは『ホリー・"シット"・スプリングス』だった。
僕は途中で事務所の人に「止めていいかな?」と聴いて止めた。

という事はやはり『メタリカ』?『ホリリカ』?
by hollysplings | 2008-10-23 23:40
父さん
ご近所の洋食店のマスターにハンコの注文をいただいた。
マスターは水墨画や油絵を親しみ、レストランの壁にはマスターの描いた絵がこじんまりと
素敵な額にいれて嫌みなく並んでいます。
先日父さんとそのレストランに行ってきたのですが、父さんがマスターに「これも習字とか
絵をやるんすよ」と僕の事を話した。父さんは僕の事を人に話す時はいつも僕の事を「これ」と呼ぶ。

マスターが「へぇ、どんなのやるんですか?」と僕に聴くのですが僕は父さんが突然そんな
事を言い出したもんだから恥ずかしい気分で「はぁ、まぁ水彩画とか…」と言う。
すると父さんが「ハンコも作ってんですよ、な!?」と僕に聴いてきた。僕はウッと思いながらも
「はい、篆刻って言いまして…」と言った。父さんは「結構売れてるんすよ」とマスターに言う。
いつそんなに売れたんだろうと僕は思っていると、マスターが「じゃあ僕も一つ作ってもらおうかな」と言った。

というわけでマスターの名前のハンコの注文を承った。
僕は父さん強引すぎるよ、と思ったが、たまには強引な事も必要だと思った。
僕は商売に関しては結構消極的なのです。

家に帰ってテレビをカチャカチャ回していると、地域ケーブルのチャンネルで先々週くらいに
やっていた地元のお祭りの模様が放映されていた。ボケッと見ていたら聞き覚えのある声が聴こえてきた。
父さんだった。
父さんはステージの上に立ってケンカをしている神輿の担ぎ手の若物に「おい、そこ何やってんだ!
オラ!!」とスピーカーフォンで怒声を浴びせ「回せ!回せ!」と神輿を煽っていた。

父さん…、と思った。
by hollysplings | 2008-10-21 20:08
お弁当
低山岳部三回目、東京の日の出山に行きました。
新入部員も入りますます盛んな低山岳部ですが、そんなこんなで気合いの5時起き。

余裕を持って起きたのだけど、まぁおにぎりを握るのも面倒だなとのんびりカフィーをすすりながら
5時半からの一休さんを見て(前に見たのの再放送だった)コンビニでおにぎりと水を買い、
電車に乗って待ち合わせ場所へ向かった。

皆が揃って話を聴いているとどうやらみんなお弁当を持ってきたらしかった。
その時僕は僕だけがコンビニのおにぎりだという事を知り、アルミホイルをかんじゃったみたいに
不穏な気分になった。
おかずになりそうなものはお菓子と思って買った「茎ワカメ」と「ふ菓子」だけだった。

ざーっと飛ばして山頂に着いてお弁当の時間。
皆がウキウキとお弁当の包みを開けている中僕は一人おにぎりのビニールをピリピリとはがす。
上手くはがせない。あぁやっぱりこれってなんだか切ないじゃないか。世の中の小遣いの
少ないサラリーマンっていっつもこんな気持ちでおにぎりを食べているんだろうか、などと
考えつつ僕は一度見た一休さんをまた見ていたあの時間をうらんだ。

みんなは僕におかずをくれたりした。我が低山岳部は愛に溢れている。
とてもうれしかった。そしてコンビニのおにぎりでも山頂で食べればその実、相当美味しかった。

それでもやっぱりお弁当がほしいと思った。
フタを開けて片方に傾いてしまった事を嘆きたかった。
少し冷えたウインナーを食べたかった。現実にアルミホイルをかんでしまったりしたかった。

食後、皆で山頂からどんぐりを投げた。皆、心に何かを誓って投げた。
僕は次回は絶対にお弁当を持ってくるぞ誓った。

どんぐりは青い空と緑の木々の中に消えていった。
by hollysplings | 2008-10-21 00:47
ポエムネです
季節のせいか、タマキコ氏のせいか。

とてもセンチメンタルな僕。

今度あなたに会ったら泣いているかもしれない。泣きながら屁をするかもしれない。

プー。シクシク。ププー。シクシクシク。

というのは冗談ですが、やっぱりこの季節沁みますね。
今日辺りからやっと涼しくなってきて、なんか寝てる間も起きてる間もポエムな気分でいっぱいです。

こんばんはポエムネです。

それでもホリングスの新作の歌詞は書けず、書かず、何故かタマキコ氏のアコースティック
アルバムを聴きながら熱唱しています。
マジに熱唱。「今夜のぉぉぉ〜」と優しい声で入りそして「あこぉ〜がれうぉう〜」と熱唱。
多分外の人に聴かれているかもしれないが、しょうがない、これは季節のせい。

春に頭に花が咲くように、秋には心に花が咲くのです。

こんばんはポエムネです。
by hollysplings | 2008-10-15 01:36
お灸が凄い
お灸が凄い。

昨日の夜、ヒドい肩こりで2時間おきに目が覚めた。

今日はどうしても眠くて、これはまずいとディスクユニオンまで歩いていったが始終、その辺で
寝てしまうんじゃないかといった状態だった。途中赤いジャンバーを着たおじさんがジュースの
自販機の横のゴミ箱に悪態をついていた。僕の住んでいる町ではよく見かける風景だ。
でもsilver jewsの新譜を買って帰ってきた頃には目が覚めてきた。新譜を聴きながら快調に仕事をこなす。

テキパキ。

silver jewsの新譜は相変わらず謎の曲もあるけれど、傑作『American Water』に通じる良き
クタクタ感があって結構好き。なんかドキュメント映画も最近はアメリカでやったりしていて、
すごい見たいんだけど勿論どこの配給会社もDVD会社も買ってくれないから輸入盤の
DVDしかなく、勿論字幕がなく僕は見ても意味がわからないだろうと諦めている。
boidという配給会社が買ってくれないかと思っている、とboidの人に言ったら直接社長に言え
と言われたので、今度言おうと思う。

そんなこんなでテッキパキとやっていたら夕食後くらいに肩がグガガガガと悲鳴をあげた。

ここはやはりお灸しかないと、チリチリと何カ所もやってみたら、やはりお灸は凄い。
全体的に体は軽くなり、肩もくるくると回る。まるで網戸にクレ556を挿したみたいに
スムーズになる。体だけじゃなくて気持ちもスムーズになる。

この感動を誰かに伝えたいと(健康仲間である)ホリースプリングスのFUJさんにお灸を勧めた。
一つだけ余っていたので彼女は足にやっていたが、効いてそうな顔をしていた。

その後FUJさんに会社で習ったという護身術をいくつか試された。
肩を持たれた場合、とか腕をつかまれた場合、とか、その他いろいろ。
金玉を蹴る護身術も習ったと言っていた。教えにきた警備会社の人は股間にカップをつけて
いたそうだ。なんか物凄く蹴りたそうな顔をして僕を見ていたが僕はカップなんてつけて
ないから蹴られたら泡を吹いて死んでしまうのでやんわりと話題を換えた。
金玉が潰されてしまったらいくらお灸が凄いといえども治らないだろうしね。
by hollysplings | 2008-10-10 00:39
早乙女半蔵
痔になるんじゃないかというくらい座ってPC仕事やってますが、夕食後に地元の町内会の老人会の
名簿を作ってくれと父上様に頼まれた。
いつもお世話になっているし大した数でもないだろうと思って、「良いよ」と引き受けたら
500人以上の老人の名簿で死にそうになった。

それにしても我が家の地域にこれだけの老人がいるのかと思うとちょっと凄いなと思った。

しかし老人たちの名前は中々面白くて、まぁよくある「ツネ」「トメ」などに始まり、なんと
「早乙女半蔵」という方までいた。ご近所にそんな忍者みたいな人が住んでいると思うと
一度会ってみたいと思った。ちなみに僕は京本政樹みたいな人を想像しています。

その名簿、誕生日まで入力するのですが、大体が昭和一桁か、大正の人が多い。僕はそれを
S何々、とかT何々とかいう風に入力していったのだけど一人だけM何々の人がいて、なんだか
ウルトラマンを見た気分になった。

ただ「何々荘」みたいなアパートに住んでいるらしき老人もたくさんいて、少し切ない気持ちになりました。
孤独死とかよく聞くじゃない?
最近も昔のバンドメンバーのドラムの人が住んでるアパートの上で老人が孤独死していた
という話を聴いたばかり。

この世知辛い都会で一人アパートで死んでいく老人がたくさんいるって事を考えるともう本当に
死にそうな人で身寄りの無い人だけが集える楽園みたいな場所を国が作ってもいいんじゃないかと思った。

そこでは鳥が鳴き、木々が生い茂り、気持ち良い風が吹いている。

老人を楽しく長生きさせ、見守ってあげるホームのような施設を作るのもいいけど、そうやって
最後の場所を作ってあげる事もこれからはあってもいいんじゃないかな、とちょっと思った。

でも実際はカラスと鳩がうじゃうじゃいてウンコをいっぱい落としたりすんじゃないかと思うと
難しいのかなぁ。「おい、カラスが爺さんつついてるぞ」みたいな事になったら悲惨だしね。
by hollysplings | 2008-10-06 02:29
もう秋だね…。〜その1〜
もう秋だね … 。

秋の気配も日に日に濃くなってきました。
皆さんいかがお過ごしですか?デートしていますか?

デート … 。

さて、僕はまぁまぁ元気です。仕事からくる肩こりに先日まで悩まされていたのですが、昨夜生まれて始めて
お灸というものを体験しまして、これが驚くほど効果テキメンでこれはホントにはまりそうです。
お灸だけに火がついた、とか言っちゃて。…… 。

デート … 。

というわけで本日も早起き、やはり朝は仕事がはかどります。
近頃は毎日8時半くらいには起きてポチポチとパソコン作業をしています。
僕は部屋でこそこそと一人で働いているので、自由に音楽を聴いたりコーヒーを飲んだりしています。
それはとても素晴らしい事だとこの季節に感じます。
秋の昼下がり、音楽もいつもより心に沁みてきます。僕はコーヒーを入れ、幾本もの煙草を揉み消し、
レコードのA面とB面を換え、仕事をする。休憩中はギターを弾いたり『一休さん』を見たりする。
そうやって生活は続いています。

そういう時間の使い方が似合う季節になりました。家で仕事を始めてから初めての秋。

八代亜紀。

BGMはHauschkaの『room to expand』よろしく。
by hollysplings | 2008-10-04 22:28


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31